May 09, 2009

ヒップホップダンサー 上野隆博

 昨夜の「関口知宏のファーストジャパニーズ」でヒップホップダンサーの上野隆博さんを紹介していた(2008年10月24日放映分の再放送)。ニューヨーク・ハーレムのアポロシアターのコンテストでグランドチャンピオンになった初めての日本人!そんな人がいたんですね(@o@;)
■関口知宏のファーストジャパニーズ:今回のファーストジャパニーズについて|ヒップホップダンサー 上野隆博 -TAKAHIRO- (うえの たかひろ)
 ゲームなど日本ならではの要素とマイケル・ジャクソンをはじめとする先達へのリスペクトをミックスしたダンス・パフォーマンスでコンテストに連続して優勝した上野さんだったが、意外にもニューヨークの街角で黒人に襲われてリンチされるという恐ろしい目にも遭っている。上野さんは殴られる時、頭の中で黒人の人たちの現状に対する怒りを冷静に理解していたという。そして「ここで帰ってしまってはいけない」とも思ったそうで、結局そのままハーレムに留まり、ダンスカンパニー「NY The Movement」で活動を続けている。
 それにしても、アポロシアターでのダンスがすごい。武術的なキレのいい動きやゲームっぽい(ロボットや自動人形を思わせるシミュレーション的な)パフォーマンスなどすべてが懐かしくも新鮮で、かつ驚かせてくれる。ムーンウォークでさえヒネリが効いていて思わず拍手(スーパーチャンプルーを思い出しました)(^o^)/
 そのパフォーマンスをアポロシアターのマネージャーに招かれたパーティでもアレンジして披露。上野さんと番組スタッフや関口さん以外はすべて黒人という中で、心から楽しんで踊る上野さんがすごい。観客からも愛され誇りに思われている雰囲気がいいです。
 そんな上野さん、自分で踊る以外に人にもダンスを教えている。最初はやさしいステップから始めても、最後は初級者向けとは思えない位複雑な動きに。当然ついていけない生徒たちだが、それでも上野さんはついていこうとすることが大事だという。そして「自分の身体と仲良くなれ」という。肉体への過酷さを微塵も見せないパフォーマンスだが、実際それは上野さんの身体を確実に傷めている。それでも人を驚かせられる動きをするには、自分の身体と対話しないといけないそうだ。

 番組後半は上野さんが所属する「The Movement」は初の海外公演となるオランダでの公演目指して振り付け、練習を進めているところ。DSを持ったまま唐突で面白い動きをすれば、ヨーロッパの人たちの目を釘付けにできるだろうということで、自分のソロパートの振り付けを練っている姿には「何かが生まれる」時の集中した力が感じられます。
 スケールが大きいアーティストだなぁと感動しました。

 公式サイトとブログはこちら。
■Takahiro Ueno
■TAKAHIROオフィシャルブログ「NYをダンスで生きる」Powered by Ameba
 関連リンクも。
■ダンサー「エビケン」こと蛯名健一さん、そして「タカヒロ」こと上野隆博さん おにぎりくんの日本語教育/ウェブリブログ:エビケンさんもすごい!(^o^;)
■思考遊戯 -葉坂多壱貴(太軌)の頭の中身-:TAKAHIRO(上野隆博)のパンチライン - livedoor Blog(ブログ)
■YouTube - Showtime at the APOLLO TAKAHIRO DANCE

 やぱこのダンス、すげぇ!(@o@;)

Posted by roku at 12:49 AM | from category: topics TV/芸能娯楽/舞台等
Comments
No comments yet
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
Trackbacks
Trackback URL