April 04, 2009

ウエスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラ、すごい

 4月3日NHK「芸術劇場」でダニエル・バレンボイム指揮のウエスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラの演奏会を放送していていたのを聴きました。すごかったです(@o@)
■【今月の放送】音楽 | 芸術劇場 | NHK教育 毎週金曜日 22時30分から24時45分
 ウエスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラは、対立を続けるイスラエルとアラブ諸国出身の若い音楽家たちから構成されるオーケストラで、1999年にユダヤ系指揮者ダニエル・バレンボイムとパレスチナ系文学者のエドワード・サイードにより設立されたそうです。ダニエル・バレンボイムはユダヤ系の音楽家ですが、イスラエルによるガザ地区の占領に批判の声を上げ、またワーグナーやリヒャルト・シュトラウスなどナチス寄りとしてイスラエルではタブー視されている作曲家の作品をイスラエルで演奏して議論を呼ぶなどしてきました。
 世界の対立の中心地の一つにおいて批判を恐れず活動するバレンボイムはすごい人だと思いますが、今回ウエスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラの演奏を聴いたらびっくり。熱い!音が強い...というと音量が大きいだけみたいに聞こえてしまいますが、そうではなく胸に響いてくる“強さ”があるという感じでしょうか。番組ではベートーヴェンの序曲「レオノーレ」第3番、シェーンベルクの「管弦楽のための変奏曲」、チャイコフスキーの交響曲第6番「悲愴」の3曲を演奏していましたが、どれもワクワクしてくるような演奏でした。飾ったところのない芯のしっかりした音が、小さいテレビの音声なのにビリビリ来ます。何はともあれ聴けてよかった(^-^)v
■ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団 - Wikipedia
■ダニエル・バレンボイム - Wikipedia
 ウエスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラとバレンボイムのCD/DVDはまだ少ないですがいくつか出ています。
チャイコフスキー:交響曲第5番 他(DVD付) [CD+DVD]
バレンボイム(ダニエル) 指揮), ウエスト・イースタン・ディヴァン・オーケストラ (演奏)
ワーナーミュージック・ジャパン
¥ 2,940
1

on 2009-04-04 22:12:08


バレンボイム/サイード 音楽と社会 (単行本)
A・グゼリミアン (著), 中野 真紀子 (著), ダニエル・バレンボイム (著), エドワード・W・サイード (著)
みすず書房
¥ 2,940
259

on 2009-04-04 22:32:45


■Takuya in Tokyo:バレンボイム/ウェスト・イースタン・ディヴァン管 「悲愴」ほか
■バレンボイム指揮/ウエスト=イースタン・ディヴァン・オーケストラTHE RAMALLAH CONCERT / ラマラ・コンサート-文楽武三巴日乗
 こちらはDVDのトレーラー。レオノーレ3番が番組での演奏を思い出させてくれます。(^o^)v

 こちらはマイスタージンガー。BBCの放送だそうですが途中映像が乱れるし最後が切れています。冒頭にバレンボイムが中東情勢と音楽について一言語ってくれています。(^-^)


Posted by roku at 10:09 PM | from category: topics 音楽
Comments
No comments yet
このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。
Trackbacks
Trackback URL